アスベスト含有調査


1.資料調査

  設計図書等を使用し、建築材料・吹付け材・対象建築物の規模の確認をします。

 

2.現地調査

  現地にて、建築材料及び吹付け材の目視確認をします。 

 

3.試料採取

  事前調査にて、疑わしい建材を試料採取します。

  ■サンプリング方法

   ①試料採取にあたっては、保護具・保護衣を着用して、採取箇所を薬剤で湿潤化

    します。

   ②ケレンベラやカッターなどを使い、なるべく1検体を3箇所から採取します。

   ③それぞれの検体を密閉容器に入れ、採取部位などを記載し、保管・搬送します。

 

4.分析

  JIS A 1481 アスベスト6種類(クリソタイル、アモサイト、クロシドライト、

 トレモライト、アンソフィライト、アクチノライト)に対応し、アスベストの有無等

 の判定をします。

  ■分析内容

   定性分析 ー 石綿含有の有無確認

          位相差顕微鏡(分散染色法)、X線回析分析により判定致します。

   定量分析 ー 石綿含有率の判定

          X線回析分析を行い、そのピーク値から石綿の含有率

          (基準値0.1%)を判定致します。

 

5.調査報告書作成

 

 ※アスベストが含有が判明し、アスベスト除去をご一緒にご依頼される場合は、

  調査費は無料と致します。


アスベスト分析をご依頼の方は、

アスベストの分析をご依頼される方は、分析依頼書のPDFをダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、下記のお問い合わせまでご連絡ください。

ダウンロード
分析依頼書
分析依頼書.pdf
PDFファイル 64.4 KB


お問い合わせはこちら

TEL・FAX 045−298−9756

MAIL info@ad-rive.net

※お間違いのないようにお願いします。